私の看護師仲間が夜勤専従看護師を始めました。

私の看護師仲間が夜勤専従看護師を始めました。

夜勤専従看護師は、2交代制の募集がほとんどです。

病院によっては、3交代制のところもありますが、ほとんどが、2交代制の勤務になっています。

2交代制の場合、勤務時間は16時間なので、1回の勤務で2日働いた事になります。

都心部の病院は、給料が高い傾向があるので、1勤務4万円のところもあるようです。

地方や介護系の職場の場合は、2万7千円~4万円と、病院によってかなりの差があります。

高給=激務、という事ばかりではありませんが、職場選びの際には、給料が高い職場を選ぶか、仮眠や休憩が取れる職場を選ぶかに、分かれるようです。

夜勤の場合、日勤に比べると、スタッフの人数が少なくなるので、その分、スタッフとの関わりも深くなります。

人間関係の良くない職場の場合、長い夜勤の勤務時間を、キツイ人や、嫌な人と過ごす可能性が高く、それはかなりの苦痛です。

仕事だからと割り切るのもなかなか難しいく、人間関係が原因で、辞めてしまう看護師も、少なくないようです。

夜勤専従の場合、多くの看護師は、給料よりも、勤務条件や人間関係が良く、働きやすい職場を選ぶ傾向にあります。

夜勤専従は、当たり外れが大きいので、働く病院の職場環境を事前に把握しておく必要があります。

2015年2月25日|